どちらかといえば、引っ越しが多い ||

子どもの2人の生活を始める為に、引越しをしました。新しい土地で新しい気持ち。折角なので何か習い事などをはじめて、心機一転、人生をやり直そうと思います!これから母ちゃん頑張るよ!

引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ

↑ページの先頭へ
枠上

どちらかといえば、引っ越しが多い

どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。

いつガスを止めたら良いかとよく聞かれます。引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。引っ越しが近づけば、その準備で何のかのと体力を使っているので引っ越し前夜こそゆっくりとお風呂に浸かって翌日に備えたいためです。



引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めば自分も周りの人もホッとできますよね。賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。

部屋を管理する立場の人が部屋に入り、部屋の隅から隅までチェックしてきます。これを済ませてめでたく退去が叶います。



それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、各種公共料金については、清算をすっかり終わらせているべきですし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。


返却漏れのないようにしましょう。同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を新居に運ぶようにします。少量ずつであっても、何日もかけますから自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。

自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。これで運送してしまうと良いです。なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出をかなり安くできます。引っ越しの荷造りで大変なものといえば、どの世帯にもある食器は特に面倒です。

食器は割れ物が多く、細心の注意を払って梱包しなければ開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。

繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。
繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというようにどこまでも慎重に包んで、運べるようにすると相当気持ちは楽になります。



荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。


どこまでも油断は禁物です。包み方にもコツがあります。ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、底面から一個ずつ包むようにしましょう。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、衝撃を和らげてくれます。

持ち手や取っ手がある器の場合は、その部分だけを先に包んでしまいましょう。



新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えてできればネットも使えるよう、整えておきたいものです。

現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合は引っ越しを機に解約、ということで良いのですが、そうではなく、今の状態を続けたいと考えるなら、契約を終わらせてしまうのではなく住所変更のみ行いましょう。


ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。ただし、引越し先のネット環境によっては工事などをすることになります。


時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。日々心配なく、安全に暮らせる環境とは家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。

良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶を欠かさず行ってください。挨拶の品を準備してから挨拶に伺いましょう。簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、好印象を与えるようにしてください。どんな人間関係も、第一印象で決まります。引っ越しの際、業者選びは大事です。
「どこでもいい」という訳には決していきません。
そして、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら名の知れた大手を使うのがやはり間違いがなさそうです。あえて業者名を挙げてみますと、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。存在感のある有名企業ですので信頼もあり、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。



それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる安心して引っ越しを任せることができるでしょう。

引っ越し業者の選択は難しいものです。
引っ越しの経験が無いならば、不安も大きいと思います。初めての引っ越しの時、私の場合は「引っ越しのサカイ」さんにお願いしました。

見積もりを依頼しましたが、どこよりも安かったからです。対応してくれた従業員さんがとても親切に説明してくれて、信頼できた覚えがあります。今でも引っ越しする時はサカイさんに頼んでいます。
経験から言っても、安心感が違うと思います。



今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。
今から数年前に、自宅を新築してマンションから引っ越しました。自分のデスクトップパソコンを壊さず運ぶことにいろいろな手立てを考えました。
なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。運ぶときの衝撃でデータが壊れないように幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。

業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ All rights reserved.