いろいろな手続きを、引っ越しの際 ||

子どもの2人の生活を始める為に、引越しをしました。新しい土地で新しい気持ち。折角なので何か習い事などをはじめて、心機一転、人生をやり直そうと思います!これから母ちゃん頑張るよ!

引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ

↑ページの先頭へ
枠上

いろいろな手続きを、引っ越しの際

いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。重要なものの筆頭に、各市区町村へ、転出届と転入届を出すことがあります。先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入先の市区町村の役所の窓口で、転入手続きをするという流れになります。


当然ですが、転出届がないと、引っ越し先で転入届を出せないことにも気をつけないといけません。
税金や社会保険などの根拠になりますので引っ越し後、できるだけ早く手続きをしておきましょう。
引っ越しの準備には、経験があったとしても多くの方が頭を悩ませているでしょう。


初めての引っ越しでしたら、なおのことその苦労が身に染みるでしょう。
この苦労を減らすためには、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。当然、計画通りに進められるのなら理想的ではありますが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。



余裕を持った引っ越し計画を立てておいたら、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。


自営業の人など、国民年金加入者が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する必要があります。



引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場ですみやかに手続きを行います。必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。どうしても本人が手続きに行けない、という場合は、形式に則った委任状が提出できるなら親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。

賃貸の物件から引っ越す場合には、原状回復が義務になっていますが、その一方で、住宅は必ず経年劣化しています。入居者が壊したことが明らかとされれば退去時に修理費用を払わなくてはならないわけですが、経年によって避けられない変化とされれば入居者の費用負担で直す必要はありません。賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。
うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、梱包などの作業も、多くをお任せしていますが、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。正規の料金はもちろん、しっかり支払いますが、大変なお仕事を終わらせてくれた、素晴らしいスタッフの方々に、個人的なお礼の気持ちを伝えたいのです。

おつかれさま、とペットボトル一本と千円ほどをお渡ししております。しかし、よそのおうちではどうされているのか、知りたい気持ちがあります。



引っ越しをお考えの方にとって一番気掛かりなのは、やはりお金でしょう。ですが、頼んだ業者によって必要経費が変わります。



ですから、出来るだけお得な引っ越し業者を選択したいですね。
他より多少費用が高い業者でも、引っ越しの時の不用品を回収してくれるサービスを行っている所もあるようです。


ですから、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりとサービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。



以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折にマンションを購入することができ、引っ越すことにしました。
さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。そうしたら、高い値段ではなかったものの、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。こうしたお金のことは、見積もりの出た段階にでも追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。

就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、今度は是非おおまかに、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。

ですが、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎて予定に間に合わなくなることも考えられます。まず手をつけていきたいのは、今使っていない本や道具、衣類などで、これらから最初に片付けていけば作業を段取り良く進められます。

もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。資格喪失は、旧住所で手続きができて、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。
国民健康保険証と、印鑑とそれから本人確認書類を何か用意して手続きに行きましょう。


同じ市内での転居であっても転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。無駄なお金を一円でも使いたくなければ見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、いろいろな事情で、それが難しければ荷物がどのくらいになりそうか、電話で伝えればいくらくらいかを教えてもらえます。他の業者はいくらだったというと標準価格から引いてくれることもあるので、できればいくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ All rights reserved.