専門業者を使うことなく、やれるとこ ||

子どもの2人の生活を始める為に、引越しをしました。新しい土地で新しい気持ち。折角なので何か習い事などをはじめて、心機一転、人生をやり直そうと思います!これから母ちゃん頑張るよ!

引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ

↑ページの先頭へ
枠上

専門業者を使うことなく、やれるとこ

専門業者を使うことなく、やれるところまで自分で作業をする、というのであればできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包作業をする、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。


引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、当然、ダンボールでしょう。
新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。

重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると荷造りがはかどります。

かなり大量に使用することになりますから、なるべく、個数は多めに準備しておいた方が良いでしょう。スーパーなどのお店からもらってくることもできますし、ホームセンターで販売もされていますが、業者が用意するダンボールを利用するのが作業効率の点から見ても良いようです。
地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。理由は進学や就職と様々ですが、毎回苦労するのが荷作りです。

そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが荷物が丈夫になり、運びやすくなります。スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、強度の差は歴然としています。
頑丈な荷物を作るためにどうしても必要ですから、必ず使うようにしてください。引っ越しに慣れていない方にとって人生の中でも、引っ越しというのは一つのターニングポイントになるかもしれませんが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることもあっておかしくありません。
引っ越し当日は特に忙しいものですが、いろいろな仕事が集中したときにどこかでトラブルが発生すると、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。

予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。

引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくことも欠かせませんが、何と言っても気になるのは出費をどうやって抑えるかということでしょう。



引っ越しの準備はえてして計画通りには進まない物ですから、推算を超えることだって多いのです。安くてサービスの良い業者を見付けられるかがポイントですから、一括見積もりサイトを活用し、一番自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

単身世帯の引っ越しでは、引っ越しサービスも通常のパックではなく、引越し業者の単身世帯をターゲットにしたサービスを探していくと引っ越し費用を抑えられます。

こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く荷物が少ない人向けと決めつけられそうですが、運べる荷物は結構多いのです。

それでも若干の荷物が余ってしまったら、同じ業者の宅配サービスを利用してください。新しい住まいに、物を運びこもうとする際に、設置の場所に、かなり気をつけたい家電がどうやら、洗濯機のようです。毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、十中八九、水道の近くに置かれるはずです。具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策をぜひ完璧にしておきましょう。
荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくとあとは運ぶだけです。


庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは使い切れるように計画を立て、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。


引っ越しに無駄なお金を使いたくなければ、引っ越しの業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、それはちょっとできない、という場合は荷物が大体どのくらいか、電話で説明できれば大体いくらぐらいになるかわかります。


あの業者ではいくらだったと伝えると標準価格から引いてくれることもあるので、損をしたくなければ、5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。
退職して年金をもらうようになると、生活の大きな変化を余儀なくされます。
思い切って、環境も変えてみませんか?いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、生活そのものが大きく変わるとすると、合わない点が徐々に現れるかもしれません。特に、賃貸にお住まいのご家庭では家賃負担が大きくなることが予想されます。退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも選択肢の一つでしょう。
枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 引越しをきっかけに新しい習い事をはじめよう!子どもとの新生活ブログ All rights reserved.